人気ブログランキング |

English、みんなで学べば こわくない!
by with-english
カテゴリ
全体
楽しいスタッフたち
もうじき開校
素晴らしい生徒さん
素敵な先生
楽しいレッスン
English songs
英語は楽しい
ご要望に応えます
休憩時間
日本人がつい言ってしまう英語
英語表現クイズ
前置詞クイズ
英語間違いクイズ
海外留学
サンデー カフェ
Ota method
学校行事
学校案内
レッスンの雰囲気
Sunday cafe
Joke collection
カタカナ英語
Rachel's column
未分類
以前の記事
2020年 02月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
今日も元気で
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:英語は楽しい( 33 )

表現表現クイズ

   英語のレッスンのときにアイスブレークの意味でクイズをお出ししました。


17「金持ちの」を意味するのはどれでしょう。

loaded

saved

carried

imported


16「願ったとおりになりますように」を意味するのはどれでしょう。


knock on the wall

knock on the door

knock on a bell

knock on wood


   ではごきげんよう・・・。 というようなことは致しません。


   お金持ちの・・・は loded 。

   lode は動詞の 「積み込む、充填する」などの意味があります。きっとたくさんの品物を詰み込んだのでしょうね。


   願ったとおりに・・には knock on wood 。 木を叩いて願うのはなんなのでしょうか?
きっと、英語の上達?



   ====== Hiro ============
by with-english | 2008-11-01 17:27 | 英語は楽しい

日本人がつい言ってしまう英語 2

   日本人がつい言ってしまう英語・・・はようするに文法の問題と語彙が少ないこと、あとは日頃のネイティヴの慣用表現が分からないからですね。

   それは英語を母国語としていない日本人には当然のことで、なにも恥ずかしがることはありません。まして、先日書いたように3万円近い本なんか買う必要はありませんね。


   これからレッスンの中で、気づいたことなどを紹介していきます。


「もし、旅行に行くなら感動を共有化できる人と行きたい」 これをどんな風にいえばいいでしょうか?

 I think if when I will go to a trip, I want to go with share the impression.

これはある生徒さんが考えた文章。単語を追っていけば、なんとなく意味が通じます。ここまで書ければ立派です。

 私はこんな風にしてみました。

 I want to go travelling with who I can share the impression.

 私たちはどうしても日本語のまま、直訳してしまいますが、英語は結論を先に言いますし、簡便スッキリを重視します。ですので、言いたいことは何か・・・と焦点を絞って言ってみましょう。

 この文章に対し、ネイティヴ先生はさらに簡潔を目指します。

 I want to go travelling with a kindred sprit.

a kindred sprit は someone who thinks and feels the way you do ということで、つまり、あなたと同じ考えや感じかたをする人・・・・ということになります。

 辞書で引くと kindred は親類、一族、血縁関係 などの名詞と、同類のという形容詞の意味があります。

 kindred sprits で、気の合った者同士 という意味です。


  これで、ひとつ勉強になりましたね。


   ===== Hiro =================

  

  
by with-english | 2008-10-25 18:59 | 英語は楽しい

日本人がつい言ってしまう英語

   インターネットを見ていると、いろいろな英語教材の案内があります。

   中に、日本人が日本語の感覚で言ってしまう英語を紹介したものがありました。

   たとえば、


How about your weekend?

  週末はいかがでしたか? と聞きたいわけですが、これはちょっと違いますね。

  正しくは、

How was your weekend?

同じように、

How about the hotel?

これもいけません。

What was the hotel like?
  ホテルはいかがでしたか?

これが正しい言い方ですね。

How about は提案や人の意見や状態を聞くときに使います。


How about going to see a movie tonight?

I love watching soccer . How about you?


とあるサイトで、こういう例を300ほどあげているものがあり、ほんの一部を紹介し、その本を販売していました。
   が、その値段を見て驚いてしまいました。定価58、000円・・・・、今なら28、500円 ですって。


   バカバカしい。 こんな本なら、いくらでも作れます。 皆さんはこんな本を買う必要はありませんよ。これからもこのスタッフ・ブログでこういうものは紹介していきますから・・・・。


     =====  Hiro ========
by with-english | 2008-10-21 11:45 | 英語は楽しい

A mail from Canada

カナダからメールが届きました。 

  リナ・ヘニングはドイツ人ですが、私と一緒にカナダのビクトリアで英語を学んだ仲です。

Hi everybody-

sorry for not keeping in touch with you for ´such a long time.
College has keeping me busy and then the exams- I m still not quite in the actual stuff I m dealing with at the moment.

So far, so good.

I m back in Canada with the youth mobility visa( used to be work&travel) working in a hotel in Calgary.

I actually met my canadian mom Denise on Monday and we went out for Coffee and dinner- it was nice having people around which I know.

People appear to be very kind in Calgary- but the city is soooooooooooo big and spread out that I m actually afraid of getting lost somewhere.

I m planning on going downtown sunday with Steffi, who also works at the hotel and helps me to settle in and getting used to the funny people working in the hotel.

Anyways, I have survived my first three days working in a position with a lot of responsibility... Sales&Catering Assistant- which is not the easy way to deal with clients and their needs.........

Hope to hear from you guys soon.

Lovely weather greetings from Calgary

Lina
  


   達者な英文ですね。カルガリーのホテルで忙しく働いているようです。

   カルガリーはロッキーの入り口といってもいい町ですがとにかく広くでフラットです。

   道に迷いやしないか心配になるのももっともな話です。

   今は10月半ば、山の樹木はすっかり紅葉していることでしょう。


    =====  Hiro  ===============
by with-english | 2008-10-11 11:28 | 英語は楽しい

英検めざして 2

  英検のレッスン、今日は小学5年生のS君。 4級の受験がもうすぐですが、3級もチャレンジしてみたいとその勉強もしています。

  私のみたところ、4級は90点以上で合格します。リスニングもバッチリです。

  ところが、3級は段違いに難しくなります。文法も、語彙もですが、リスニング・テストのスピードは上がり、1回で聞き取るのは困難です。幸い、2回同じ質問が放送されるので、落ち着いてしっかり聞けば分かる問題もあるでしょう。

  今日は彼と比較の勉強をしました。

①私の車は父のものより速い。
My car is ( ) ( ) my father's one.

②私は昨日より気分が良い。
I feel ( ) ( ) yesterday.

③昨日、この花はもっと美しかった。
Yesterday, This flower was ( ) ( ) .

④あのビルは世界で一番高い。
That building is ( ) ( ) in the world.

⑤彼は一番用心深い人だ。
He is ( ) ( ) ( ) person.

⑥今日の売上は今までで一番少ない。
It is ( ) ( )  sales today till now.

⑦私は兄の半分しかお金を持っていない。
I have only ( ) ( ) much money ( ) my brother.

⑧私はあなたほど上手には英語を話せません。
I can't speak English ( ) (   ) ( ) you.


いかがでしたか?うまく訳せましたか?

答えは
①faster than ②better than ③more beautiful  ④the tallest
⑤the most careful ⑥the least ⑦half as ~  as
⑧as well as


ここで、疑問に思われたかたもいらっしゃるでしょう。

 4番の 「世界で一番高いビル」は highest を使うのでは? という意見です。

 ネイティヴ先生によると、high は山や自然物の高さなどに使い、tall は人の背丈や人造物に使うとのこと。

だから The Pyramids were the tallest structures until the Eiffel Tower.

というのです。・・・・。でもそこでさらに突っ込む人もいるでしょう。

  This building is 80 meters high. このビルは80メートルの高さがあります。という言い方が英語にありますよね・・・と。

  そこでその high の意味を聞いてみると、地面からのつながりではなく、空中の高さに意味があるということ。 tall は地面から上に伸びた高さをいい、人の背丈は必ず tall だし、一番高い建造物も tallest がふさわしいとのことでした。

  ハイ、今日も勉強になりました。


  ======  Hiro   ==========
by with-english | 2008-10-08 19:20 | 英語は楽しい

Any と Some

今日のレッスンで There is some milk here , and I 'm thirsty. という英文がありました。

ここにいくらかのミルクがあって,僕は喉が渇いているんだ・・・。という文ですが、これを質問するときは some ではなく、any を使います。

 Is there any milk here? となるのです。・・・と申し上げたところ、鋭い生徒さんの突っ込み。「どうして、肯定文と否定文・疑問文のときで使い分けるのですか」。

 そうです。そういう突っ込みが欲しいんです。しかし、どうしてでしょうね。よく考えてみると、それは言語表現が豊かになるから・・・としか言いようがないのです。

 たとえば、
If you eat some carrot , I'll give you a present.
(もしあなたがニンジンを少しでも食べたら、私はプレゼントをあげよう)

If you eat any cake , I'll hit you.
   (もし、お前がケーキを少しでも食べたら、私はお前をぶつよ)

 本来、否定文に使う any がここで使われ、ケーキを食べるんじゃないよと否定している気持ちが伝わるんですね。

 ニンジンのときは「ぜひ食べて」という気持ちがこれで伝わりますね。

 any には否定文で、「何も、誰も、少しも・・・ではない」という使い方のほかに、肯定文でも内容を強調するために「どれでも、どんなものでも、いつでも」 の意味で使います。

 たとえば、
Come and see me anytime. という言い方。

  あなたはいつでも会いに来ていいですよ。・・・本来は深夜とか仕事中とか否定されるべき時刻でも、とにかくいつでもいいですよ・・・。こんなニュアンスが伝わりますよね。

 これが sometimes では「時々おいで」ということになってしまいます。



  もうひとつ・・・。
恋人からの手紙が来ていないか知りたい時、家の人に聞きました。

 Do you have some letters for me?

文法上は any letters でしょう。 しかし、恋人からの手紙が来ていて欲しいんです。
そこで、 I have some letters . という答えを期待し、「先取り」して some を使ったわけなんです。


 こういうところは英語も文法どおりではなく、感情が入るもんなんですね。

 こういう知識は辞書の用例や解説に載っていますから、単語を引いたときに少しのぞき見してみるのも良いでしょう。意外なことを知ることも時々できますよ。

   
--------- Hiro -------- 
by with-english | 2008-01-11 18:50 | 英語は楽しい

英語と日本語の違い

 今日のレッスンで面白い話が出ました。

 出身地の会話例を話したときのことです。一人の生徒さんが、「あなたはどこのご出身ですか」と聞かれたとき、日本語なら、「私は大阪です」と答えますよね。英語でもそれでいいのではないですか?・・・・ということです。

 I’m Osaka. のように、 実際の会話は教科書のように言ってないのでは・・・。とおっしゃいました。

 確かにネイティブ・スピーカーの話し方は早く、聞き取れないことも多いので、そう感じても不思議ではありません。しかし、彼らはちゃんと I'm from Vancouver.などと、from を省略せずに言っているのです。

 I'm Osaka. では「私は大阪です」となり、「では、おなかの辺りが梅田ですね」って言われかねません。

 Be動詞は「イコール動詞」 と中学で習ったことを思い出していただくと分かります。IとOsakaをamがイコールにしてしまいます。これは日本語では許されますが、英語では許されません。

 ここが日本語と英語の大きく違うところなのでしょう。2000年以上も単一民族といっていい我が国の言語はたくさんの省略OK型用法があります。主語さえ省略してしまうのですから。

 「昨日、行ったのよ。高島屋に」で構わないのが日本語。「I went to Takashimaya yesterday」と言わなければならないのが英語なのです。

 様々な民族が交じりあう世界では、自然に何事もハッキリさせる必要があったのかもしれませんね。なにしろ、天気にも、It という仮りの主語をつけて、 It's fairy hot today.(今日はちょっと暑いね)などというのですから。


  --- Hiro---
by with-english | 2007-06-15 20:33 | 英語は楽しい

針谷先生の楽しいレッスン

 大宮区役所前にあるイングリッシュ・サポートという英語学校をご存知ですか?

 こちらは我が校の姉妹校です。こちらの校長の針谷(Harigaya)先生は、ユニークなレッスンで有名なんです。私もレッスントレーニングを受けましたが、その博識ぶりには驚かされます。

 例えばある日のレッスン。

 generation 世代という単語があったとします。これは「同世代の人々」という意味の名詞ですね。ですが、元の意味はgenerate(生み出すこと)から来ているんですよ。と、切り出します。 

 そして、general はどういう意味ですか? そう、全体的な とか 世間一般の、普通の、雑多ななどという形容詞ですね。もうひとつ、大将とか将軍という名詞でもあるんですよ。

 そして、General Headquarters というとなんですか? と続きます。

 みんなが分からないでいると、ホワイトボードに G H Q と書きます。これで、何人かは 戦後の日本を支配した占領軍総指令部ということが分かります。

 General は総合という意味がありますから、the general affairs department で、会社の「総務部」ということになります。affairs は事務、業務、事情、問題などという意味。

 そして、gene- は生み出す・・・ですから、そのままgene ジーンで遺伝子 ドイツ語ではゲノムですね。genealogy で、家系、血統、血筋、系譜などという意味の名詞になります。

 まだありますよ。generator といえば、発電機とか、蒸気などの発生器です。エネルギーを生み出すのですから・・・。

 先生の解説はとどまるところを知らず、私達がふだん気にせず使っている外来語が、本来の意味ではたくさんの兄弟、家族というつながりがあることを教えてくださいます。

 私もこれに大いに刺激を受け、語源や歴史の勉強に励んだことはいうまでもありません。

 英語は知れば知るほど楽しいものですね。

                  --- Hiro ---


 
by with-english | 2007-05-20 21:52 | 英語は楽しい

世界の宗教

 昨日とどいたジャレスさんの「じゃれマガ」です。

I have a quiz about religion (“shuukyou”) for
 you today.
 You have to choose from Christianity
 (“kirisutokyou”), Islam (“isuramu”), and Judaism
 (“yudayakyou”).

 In which religion is eating shellfish forbidden
(“kinjirareru”)?
In which religion is eating pork forbidden?
Which is the fastest-growing religion in the world?
Which religion has the largest number of believers
(“shinja”) in the world?

 宗教についての問題です。魚を食べることを禁じている宗教は?豚を食べることを禁じているのは?どの宗教がもっとも早くできたのですか?どの宗教が信者がもっとも多いでしょうか?

 ということですね。皆さんはお分かりですか?

 魚を食べられないのはユダヤ教。彼らはヒレのある魚しか食べることができません。
豚はユダヤ教とイスラム教が禁じられていて、代わりに牛を食べます。一番早くできたのはユダヤ教で、旧約聖書は人間が神によって作られ、イスラエルの人々が神によって選ばれた人々ということが記されていますが、これはキリスト教もイスラム教も引き継いで信じています。

 この2つの宗教はユダヤ教から派生してできたのですね。
しかし、キリスト教がローマ帝国に受け入れられ、国教とされた頃から圧倒的な信者を獲得でき、世界一の信者数をもっていると言われています。

 なぜ、私が宗教のことをよく知っているかというと、今朝届いた「じゃれマガ」を見たから・・・と人が言っても信じてはいけません。

  ・・・真実は神のみぞ知る・・・     ---Hiro---
by with-english | 2007-05-12 09:05 | 英語は楽しい

英語のクイズ 第2問

  
 英語のクイズ 第2問です。 こんども難題です。

  A man leaves hospital and beings to walk home.
On his journey he passes a phone box which
beings to ring.
Instead of answering it he punches the air and
runs all the way home cheering. Why?

これは英文読解のいいモデルにもなる問題ですね。

 一人の男が病院を出て、家に歩いて帰っている。
 彼が電話ボックスの横を通ると、それが鳴った。
 彼は、その電話に出るどころか、飛び上がって喜び駆けだした。 

ナゼ?

  being は ・・・であるとか、・・・にいる状態。human being で人間 (動物に対して)
 journey は旅ではなく、行程の意味でここでは途中という感じ。jour は1日というのが原義
 なので、1日の行程が元の意味。journal は日記とか新聞。

 way home は家に帰る で、way to home とは言いません。 しかし、way to station, や way to school と言ってくださいね。 to をつけないのは here , there , downtown , aoroad(海外へ) shopping(買い物)などの副詞か副詞的用法の場所を表す名詞で、これは自然に決まっているので、覚えるしかないようです。

  × I want to go to abroad.   ○ go abroad (海外へ行く)
  × He went to downtown.   ○went downtown

 いや、説明が長くなってしまいました。

 それで、答えは分かりましたか?

 分かった人はスゴイ!私も分からなかった。

 答え・・・・・彼は耳の治療を受けて聴力が、あの電話ボックスのところで回復したのです!

   あなたは分かりましたか?
by with-english | 2007-05-06 21:59 | 英語は楽しい