人気ブログランキング |

English、みんなで学べば こわくない!
by with-english
カテゴリ
全体
楽しいスタッフたち
もうじき開校
素晴らしい生徒さん
素敵な先生
楽しいレッスン
English songs
英語は楽しい
ご要望に応えます
休憩時間
日本人がつい言ってしまう英語
英語表現クイズ
前置詞クイズ
英語間違いクイズ
海外留学
サンデー カフェ
Ota method
学校行事
学校案内
レッスンの雰囲気
Sunday cafe
Joke collection
カタカナ英語
Rachel's column
未分類
以前の記事
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
今日も元気で
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:素晴らしい生徒さん( 49 )

最近の入会生徒さん

最近入った生徒さんをご紹介。


皆さん素晴らしい人であるのはもちろんですが、

Eriさんは大宮で正社員として頑張っていら

っしゃいます。

英語は中上級クラス。大学時代はしっかり学ん

でいたようですが、話すということは苦手だっ

たそうです。

特に仕事で使うワケではないのですが、いつで

もそういう部署に行く可能性があるそうです。


逆に言えば、自己投資をして磨きをかけておけ

ば上司に見いだされるかも。

11月に無料体験を受けられ、いまはセミプラ

イベートレッスンを受けられています。先生は

アメリカ人のレイチェル先生。

Person to Person という会話テキストや 

Pronunciation for English Learners という

発音の方法のテキストを使い、楽しくレッスン

を受けられています。

当校に来る前に大宮の英語学校を探したそうで

すが、どこもプライベートは高くだいたい当校

の2倍のお月謝だったとか。


セミプライベートは普段一人で学べ、振替者や

体験者が来たときは複数で受けるものです。

完全なプライベートレッスンより格段に安く受

けられるのがメリットです。


Harunaさん、Kyokoさん、Megumiさん、Gen

さんたちは、私の生徒さん。

皆さんもセミプライベートの生徒さんですが、

お月謝は特別にグループレッスン。

昼間の方は8900円、夜の方は11900円

です。安い!!


皆さん、文法は苦手だったそうですが、中学時代

にならった基礎的なものを私がお教えすると、と

ても分かり安いと理解されます。

そして、その文法を普段の生活表現にどんどん応

用する会話例をたくさん練習してもらっています。


また、シンプルな質問文を私が英語で聞き、それ

に瞬時に答えてもらう耳を鍛え、発話する練習に

も取り組んでもらっています。


これを1年続けることで、カジュアルな表現で日

常の生活は英語で聞いたり、言えるようになりま

す。



Akikoさんは62歳のシニアさん。たいへんお美

しい方です。いろいろな場所で勉強されてきたそ

うですが、なかなか正しい会話表現ができなかっ

たそうです。


ネイティブの先生にも習ったそうですが、整理さ

れたまとまった形式がなく、自分が今何を習って

いるのか、分からなかったとか。


現在は私と、Basic Grammar in Use というテキ

ストを使い、階段を一段づつ登るようなレッスン

をされています。今は、基礎編を終わり、会話力

アップの練習中心のレッスンに入りました。


英会話やってみたいなという方は一度、体験レッ

スンを受けられてはいかが?







========Hiro=========














by with-english | 2019-12-10 19:10 | 素晴らしい生徒さん

短期集中レッスン

Takuyaさんは、ビジネスマンです。今年ある会社を辞め

違う会社に移る短期間で、英語の勉強に取り組んでいま

す。


8月初めに相談を受け、お盆明けから1か月間でなんとか

話せるようになりたいとか。


それならということで、1日2時間ウィズで勉強し、家で

予習復習、それに音読レッスンをCDを使って行う、こう

いう条件で引き受けました。


マニラなどにいた期間があり、多少は英語は聞けるようで

すが、自分から話すということはできないようです。


彼は今、英語の会話で使われる文法と会話の実際の展開を

示したシート、それに音読で毎日チカラを引き上げていま

す。



今日は、本来の句動詞(熟語)の意味と、転用されるケー

スの例をTakuyaさんに教えますが、そのひとつを紹介し

ます。


get along with ~

これは~と仲良くする という意味ですね。

You should get along with your friends.

Japan has to get along with Korea.


なかよくした方が良い、とか、しなければならない

などと使われますね。

でも、

Get along with you!

こう言われたらどうしましょう。

これは、あっちへ行ってろ! の意味です。


どうして?

動詞の原形が最初ですからコレは命令文。

お前はお前と仲良くしてろ ですからね。


ですから、うるさいな、あっちに行けということ

です。


この例は少し、トリッキーですが、大人の会話でも

ありますね。40歳を越したら、これくらいは分っ

ていてもいいでしょう。






=========Hiro================
















by with-english | 2019-08-27 12:44 | 素晴らしい生徒さん

最近のトライアル生徒さんⅡ

今日の午前は昨日に続いてトライアルレッスンが

ありました。

上尾在住の女性で、英語は初心者と言われました。


都内で働いているので、平日の夜か土曜日に受けた

いとのことでした。


英会話ができるようになるには、大学の入試試験に

出るような文法を理解し、記憶するのではなく、会

話文を構成する文法要素をつかむことです。


そして、自然に口から出てくるように音読をくりか

えし、間違えた言い方が口から出にくくしていく必

要があります。長く英語文を読んでいると、前置詞

などは考えなくても出てくるものです。


英会話を身につけるには、予習よりも復習が大事で

す。ピアノのお稽古とまったく同じで、講師から習

ったことを家でも繰り返し学習し、肯定・否定・疑

問を自由に言えるように自分を鍛えていくことが必

要です。


ウィズでは、初心者の皆さんに会話の元となる文法

要素、つまり家の柱を30本、しっかり立てましょ

うと言っています。


家の柱がグラグラしていたら、二階は立ちません。

柱が立つには半年から1年はかかりますが、そのあ

とはじっくりネイティブスピーカーの講師と床を張

り壁を作り、屋根をかぶせていけばいいのです。


今日の生徒さんも、レッスン内容を気に入ってくだ

さって、来週火曜日から入会となりました。


5・6月、9・10月、そして1月は生徒さんの入

会が多いシーズンです。








============Hiro================























by with-english | 2019-06-08 20:16 | 素晴らしい生徒さん

最近のトライアル生徒さん

今日もお試しの生徒さんがいらっしゃいました。


本郷町のかたでした。ウィズから歩くと20分くらいと

おっしゃってました。今日は雨でしたが、晴れていれば

自転車ですぐでしょうね。


彼女は学校時代に英語が苦手で、なるべく避けて通って

きたそうで、私でも話せるようになるでしょうか?とす

ごく心配なさっていました。


最近結婚して、時間ができたので、思い切って通ってみ

ることにしたそうです。

旦那さんはOKでしたかと伺うと、それも大丈夫でガン

バレと言われたそうです。


会話で使わなくてはならないBe動詞を中心としたレッス

ンでしたが、思い出したこと、初めて知ること、理解し

た英語文の構造のことなど新鮮な驚きや輝きが彼女を支

配していました。

そしてすぐ入会となりましたが、彼女なら全く大丈夫と

私は確信しました。

モノゴトの理解力、記憶力、注意力がふつうにチャンと

しているからです。


もちろん、来られるかたのほとんどがそうです。


8ヶ月から10ヶ月あればネイティブスピーカーさんの

レッスンを楽しんで学べるようになるでしょう。







============Hiro======================












by with-english | 2019-06-07 15:07 | 素晴らしい生徒さん

2018年度望年会

今年の望年会も宮原駅東口の介というレストランで開き

ました。参加者は25名。先生のうち、レイチェル先生だ

け、風邪のため欠席されましたが、初参加の多くの生徒

さんたちで賑やかに開かれました。


メニューはお任せの洋風プランでしたが、なかなか珍し

い料理が多くて、結構楽しめました。


宴もたけなわの頃開かれたのはクイズ大会。


たくさんの賞品が待っていました。


問題は?


行きますよー!!


What is broken when you name it?

(あなたがその名前を言うと壊れてしまうものはナニ?)


これは誰も分からなったので・・・


こちらで答えました。


SILENCE (静寂)


OH, あ”~


次は、Why is the river so rich?

(なぜ、川はそんなにリッチなの?)


これも難問・・・ 先生も答えていいですよという

とクレイグ先生が、It has a bank. Right? といいました。


正解


ほんとうは、two banks  なんだけど、両側に土手があり

ますよね。土手は英語で bank ですから。


銀行を Bankというのは、銀行にあるカウンターを土手つ

まり(Bank)に見立てているからです。

英語のボキャが広がりますよねー。


とすると、競輪場がリッチなのもバンクがあるから?


地方の銘菓やら、高級ワイン、大吟醸雪の茅舎、などなど

大物をねらってクイズに答えてくれました。



生徒のお一人、ヤスヒロさんが参加できないお詫びにと、

海外出張の際に免税店で買ったという、スワロフスキーの

ペンダントを景品の一部にと寄付されました。


これです。

アマゾンで調べたら、定価で2万円・・・



2018年度望年会_d0115695_14434829.jpg























これは、全員でジャンケンゲームをして、女性の生徒さん

が射止めました。


楽しい一次会が終わり、先生たちと飲むのが達者?な皆

さんで、夜の街に繰り出していきました。







===============Hiro===============



















































by with-english | 2018-12-10 14:46 | 素晴らしい生徒さん

グループレッスンの面白さ

ある平日の夜、7時から二人の主婦さんが学んでおられ

ます。お二人とも昼間は働いているので、この時間にな

ります。


今日は、先日のレッスンの振り返りをしました。

聞き返し疑問と、付加疑問ですが、聞き返しは相手

の発話に反応してあいづちを打つ感覚です。


例えば、

"I went to Kyoto last week." "You did?" ↗

did を右上がりに発音します。


といったものです。

「私、京都に行ったのよ、先週」「あなたが?」

会話のキャチボールを豊かにする小道具ですね。


”Mydad goes fishing every week." "He does?"

"They weren't at the party." "They weren't?"

このように、一般動詞なら助動詞を使い、Be動詞

ならそれをそのまま使います。

Can Will Should have/has などの助動詞もそのま

ま使います。


初めは私が文を考え、相手に聞き返してもらいます。

次は、Aさんに発話してもらい、それにBさんが聞き

返す形式にします。


じゃ、Aさんどうぞ!

U--------m-----

えーなに言えばいいのォー?

皆さん、自分から言い始めるのはなかなか大変です。


アドバイス  じゃあ、昨日したことを言えば?

あー、 じゃ  I went to a supermarket.

えーと、  You did?


オーケー、できましたー。


慣れてくるまでが大変ですが、慣れたらどんどん

会話が弾みます。

I can't eat chicken meat.

You can't? Why not?



You should learn to drive.

I should?


などと、コツをつかんだようですね。


お二人は仲良く刺激しあって学ばれています。






===============Hiro===============


















by with-english | 2018-11-20 13:01 | 素晴らしい生徒さん

今年の新入生さん

今年も4月になって多くの方が入会されました。

でもいつもの年とすこし様子が違います。

今年は、初心者さんが多いのです。もしかすると超初心

の方と言っても差し支えない方が多く、これは当校の自

慢できる点なのかも知れません。

ほかの(大きな)学校では無理なんです・・・と言って、

当校の体験レッスンを受けにいらっしゃいます。


レッスンしてみると、なるほど知っている単語が少なか

ったり、主語が分かってなかったりと、それを説明する

のに時間をかけることがありますが、でも、それは知っ

てしまえばもうOKなのです。


だから、聞くのも恥ずかしいから聞けなかった、という

ことをウィズではなんでも聞けて、理解していくので、

安心して勉強できると、おっしゃいます。


教えていくのに時間はかかりますが、ものすごく楽しい

時間です。そして、初めての連続でワクワクされている

お顔をみるのが最高です。


超初心の皆さま、どしどし、いらっしゃいませ。























by with-english | 2018-04-20 12:59 | 素晴らしい生徒さん

4年ぶりのご入会

Mちゃんがウィズに戻ってきました。

Mちゃんといっても分かりませんよね。

4年前に高校受験があるということで、中学3年で一旦

退会されていました。

先週、体験レッスンの申込みをした方がいて、もしかす

るとと思っていたら、大学入学が決まってまた英語を学

びたいと訪ねて来てくれました。


あの頃と比べたら、大きく成長されてキレイになって、

素敵な娘さんです。


前の先生はアンドリューさんでしたが、これからはレ

イチェル先生が担当します。


また一緒に頑張りましょうね。

















by with-english | 2017-12-28 13:18 | 素晴らしい生徒さん

5ぶりのご入会

Mちゃんがウィズに戻ってきました。

Mちゃんといっても分かりませんよね。

4年前に高校受験があるということで、中学3年で一旦

退会されていました。

先週、体験レッスンの申込みをした方がいて、もしかす

るとと思っていたら、大学入学が決まってまた英語を学

びたいと訪ねて来てくれました。


あの頃と比べたら、大きく成長されてキレイになって、

素敵な娘さんです。


前の先生はアンドリューさんでしたが、これからはレ

イチェル先生が担当します。


また一緒に頑張りましょうね。

















by with-english | 2017-12-28 13:18 | 素晴らしい生徒さん

楽しいレッスン


昨日のレッスンの中で楽しい事件が起きました。


You have a cold and a fever? Poor thing! You ( ) feel awful.

この( )になにが入るかという問題で、訳してもらいながら

進めました。

あなたは風邪をひいて熱があるの?

そこで、Poor thing! はかわいそうに!がいいですね。

ハイ。はじめ、貧しいことって、なんか変と思ったんです。

そうですよね、貧しいことって・・・。You?

言いません!


えッ? あァ・・・

あとは二人で大笑い。

私の言ったYou が、言う? に聞こえたんですね。


You のあとを続けていただくと、must feel awful.

となりました。

awful はひどい状態 を表す言葉(形容詞・副詞)で、他に似

たような言葉はなんですか?と水を向けると、terrible を上げ

てくれました。

そうですね。It's a terrible weather. ひどい天気だ。

さらには fearful horrible などの恐ろしいほどひどいという表

現もありますね。

反対の素晴らしいは何です?

これは awesome がとどめを刺すでしょうか。

こんな派生した話題も出て話が広がります。


さて、

助動の後は動詞の原形で、きっと、つらいでしょうね。

となりました。


must は~~しなければならないと教わりましたね。

もうひとつ、~~に違いない・・・という意味があります。


She didint eat anything from the morning, so she must
be hungry.


must might may can could shall should have to など

など、助動詞を使いこなして英語の表現を豊かにしていき

ましょう。









===============Hiro=================










by with-english | 2017-12-15 10:53 | 素晴らしい生徒さん