English、みんなで学べば こわくない!
by with-english
カテゴリ
全体
楽しいスタッフたち
もうじき開校
素晴らしい生徒さん
素敵な先生
楽しいレッスン
English songs
英語は楽しい
ご要望に応えます
休憩時間
日本人がつい言ってしまう英語
英語表現クイズ
前置詞クイズ
英語間違いクイズ
海外留学
サンデー カフェ
Ota method
学校行事
学校案内
レッスンの雰囲気
Sunday cafe
Joke collection
カタカナ英語
Rachel's column
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
今日も元気で
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

旅行英語

 以前から、旅行の英語を習いたいという方が多くいら

 っしゃいます。。

 旅行英語というジャンルは本来はないのですが、旅行

 の場面を設定し、それを集めてみることはできます。

 例えば、空港で、旅行代理店やホテルのカウンターで、

 劇場で、ショッピングで、レストランで・・・。

 
 
 本来は様々な語彙と文法を仕込んで、いろいろなこと

 を自由に言えることが大切ですが、とっさの言い方を
 
 練習しておくと心強いと思います。

 
 そんなわけで、


  How to say in English?



 窓側の席、お願いします。  
    
An aisle seat , please. (aisle はアイルと発音)

  席を後ろに倒してもいいですか?

    May I recline my seat? (リクラインは傾けるの意)

  私と席を替わりましょうか?(自分から申し出る)

    Shall I switch seats with you ?

  まだ、食べてます。(片づけないで・・・)

    I'm not finished yet .

  現金で払います。

    I'll pay in cash.

  もう少し安くして?!

   Can you come down a little more ?

 ご面倒おかけしてごめんなさい。

    I'm sorry to bother you. (bother は迷惑かける)

  何時までやってますか?

    How late are you open ?

  冷房が強すぎます。

    It's too cold in here.

    天気、気温、時刻、日にち、曜日、距離などの

    主語は It を使います。



  日本語の話せる人はいますか?

    Is there anyone who speaks japanese?

  上の階にしてほしいんですが  (ホテルで)

    I'd like a room on an upper floor.

食事のできるところはありますか?

    Where can I get a meal ?



まあ、キリがないですよね。


   なので、パターンで覚えておきましょう。

  ①お店やレストランなどで、探したいものがある時は

    Do you have ・・・・・ ? がいいですね。

     batteries , postcards , free maps , bus route map

sirloin steak , Asahi beer , なんでも結構。

  
②自分がこうしたいという時は

    I'd like to ・・・と、したいことを動詞をつなげて、

     I'd like to change money . 両替したい

     I'd like to have another beer. ビールもう1杯

I'd like to use an internet. インターネットを見たい

  
③相手にしてほしいことは

    Can you ・・・・

    Could you ・・・・

     Can you speak more slowly?

Could you tell me how to get to the station ?

Could you take a picture of us ?



  ④私はこれをしたほうが良いですか? は

    Should I ・・・・

     Sould I take an unbrella?

Sould I call you tomorrow?
       (明日電話をしましょうか)

By what time should we be back ?
(何時までに戻ればいいですか?)

 

   では今回はこれまで。

   Have a nice trip .   GOOD LUCK !!





d0115695_19112473.jpg

[PR]
by with-english | 2013-08-27 19:09 | 英語は楽しい

7年ぶりです


  今日、不意に現れたのが以前コチラで学ばれていたH

 さん。毎週出張で振替の振替が多かった方で、またどう

 してもこちらでTOEICを勉強したいとのこと。


 9月のスケジュール表を調べて、フリーランスの扱いで再

 入会となりました。


 さらにあと、お二人、トライアルした方がいらっしゃり、

 ご入会されました。その中の女性は7年前に来られ、1ヶ月

 間トライアルキャンペーンで学ばれた方でした。

 お仕事が忙しく、チャンスがなかったのだそうですが、来月

 に渡航されるので、短期間でも集中してやりたいと、週3回

 レッスンに挑戦されます。

 
 With・ウィズではこうした再入会の方が多くいます。

 良い先生がいるので、またやろうと、思われるようですね。

 

 今日、行ったレッスンから・・・・・


  one と ones .


 英語は繰り返しを好まない言語で、それを避けるために代名

 詞があるのですが、コレもその一種。


 たとえば、
    "I like that jaket. Do you like it?"

"Which one ? "   どれです?

"The green one"   あの緑のです。


複数形の名詞なら ones

"Can I have those flowers? "

"Which ones ?"        どれです?

" The ones on the top of shelf"  あの棚の一番上のです。


こんなのもある。

     "Do you know that girl?"

"Which one?"       どの子です?

"The one with long hair"    あの長い髪の子です。


さらに
     "These cups are dirty, Can I have some clean ones?"


one は ひとつという言葉だから、それに複数を表わすsを

  付けるのは変な感じかもしれないが、one は a key . a car .

a book と考え、ones は some pictures . some cookies な

  どと考えればいいのです。



ということで、

 "It might be rainy this afternoon. Do you have an
  umbrella?

You should take it !!"  その傘、持って行ったほうがいいヨ。


"Oh, I lost the one yesterday"  あー、それ昨日失くしたんだ。

 こりゃダメダ。








=====Hiro=================





































 
[PR]
by with-english | 2013-08-25 10:59 | 素晴らしい生徒さん

7周年キャンペーン

 With・ウィズは7年目を迎えてますます張り切って

 います。

 宮原では大人向けの本格的語学スクールとしては唯一の

 ものです。このエリアになくてはならない教室としてオ

 ンリーワンを目指しています。


 さて、9月にWith・ウィズは100mほど引っ越す

 のですが、それと7周年を記念したキャンペーンを行い

 ます。

 
 「英語初心者向け、お試しキャンペーン」です。


  週1回、1ヶ月間(4回) お試しレッスンが2000円

  で受けられます。

 年齢を問わず、初めて英会話を学ぶときはとても緊張す
 
 るものです。そして、むずかしく感じて、うまく理解す

 ることすらできません。

 とくにネイティブ講師が早口で(実際は普通のスピード

 なんですが)話したり、質問すらできないので、英語を

 身につけることをあきらめたりします。


 With・ウィズではそうした方のために、中級レベル

 になるまで、日本人講師がていねいに疑問に答えながら

 教えます。

 基本的なことを理解でき、話せるようになったら、ネイ

 ティブのレッスンに参加します。

 4回、2000円のお試しレッスンを今、初めてみませ

 んか?

 目からウロコのよう・・・とおっしゃる生徒さんがたくさん

 いらっしゃいます。

 それではお電話、メール、お待ちしています。





 ワンポイント・レッスン


  a , an, one の違い


  英語の長い長い歴史の中で、数詞の変化も当然ありました。

  母音の単数名詞の前には an , 子音から始まるときは a

と教わりました。


  an は a に n がつけ加わった感じがしますよね。

  でも、そうじゃないんです。

  ずーッと昔は、すべて one だったのです。

  それが、時代が過ぎて、まず an が生まれ、さらに 時

  が過ぎ、a が誕生したんです。


  言葉はいつの時代も変化します。
   

  では次の文章を見て下さい。


   Hiromi lives in an apartment in Bunkyo ward.

ヒロミは文京区のあるアパートに住んでいる。


   The apartment is very small but she likes it.

彼女の部屋はとても狭いのですが、気にいってます。

   
   サア、これです。

   彼女のアパートは狭いと訳しませんでしたか?

   もし、建物全体をさすなら、S をつけて apartments

とします。 S がない時はあくまで1部屋を指します。

   ですから、初めの文もアパートの1室に住んでいると

   解さないといけません。




   ではまた。







======Hiro================
[PR]
by with-english | 2013-08-07 11:39 | 学校案内