English、みんなで学べば こわくない!
by with-english
カテゴリ
全体
楽しいスタッフたち
もうじき開校
素晴らしい生徒さん
素敵な先生
楽しいレッスン
English songs
英語は楽しい
ご要望に応えます
休憩時間
日本人がつい言ってしまう英語
英語表現クイズ
前置詞クイズ
英語間違いクイズ
海外留学
サンデー カフェ
Ota method
学校行事
学校案内
レッスンの雰囲気
Sunday cafe
Joke collection
カタカナ英語
Rachel's column
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
今日も元気で
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

With・ウィズの方針

 「With・ウィズの方針」というのがあります。

 これはWith・ウィズの教室に張り出す掲示で、生徒さんへのメッセージなんです。

 ①間違いは恥ではありません。大いに間違え、その分覚えましょう!

 ②言葉は慣れです。毎日すこしづつ練習しましょう!

 ③話すときは相手の目を見て、大きな声で話しましょう!

 ④Take it easy! 英語は気軽に楽しく、仲間と一緒に覚えましょう!

 ⑤英語や英語文化を学び、日本のよい文化を世界に伝えましょう!


  日本人は「恥」というものを強く意識しています。これが、言語を学ぶときに大きな障害になるといわれています。英語に限らず、外国の言葉を早く覚える人は、だいたいおしゃべりな人なんだそうです。

  よその国の言葉を覚えるのに間違えたら恥・・・だなんて思うことは意味ないですよね。

 でも、分かっていても人前で恥をかくのは・・・という心理になり勝ちなんですね。
ですから、我がWith・ウィズでは「間違える人ほどよく覚える」という考え方を示したいのです。

 初心、初級の方はぜひ、With・ウィズに来ていただきたいと考えています。

 そんなお一人の Tさんという女性からモニターのお申込が電話であり、そのとき、「私を英語好きにして下さいね」とおっしゃられました。

 そうです。With・ウィズには皆さんを英語好きにするという目的・目標があります。これをWith・ウィズの看板にさせていただこうと思っております。

                      --- Hiro ---
[PR]
by with-english | 2007-05-23 21:55 | もうじき開校

針谷先生の楽しいレッスン

 大宮区役所前にあるイングリッシュ・サポートという英語学校をご存知ですか?

 こちらは我が校の姉妹校です。こちらの校長の針谷(Harigaya)先生は、ユニークなレッスンで有名なんです。私もレッスントレーニングを受けましたが、その博識ぶりには驚かされます。

 例えばある日のレッスン。

 generation 世代という単語があったとします。これは「同世代の人々」という意味の名詞ですね。ですが、元の意味はgenerate(生み出すこと)から来ているんですよ。と、切り出します。 

 そして、general はどういう意味ですか? そう、全体的な とか 世間一般の、普通の、雑多ななどという形容詞ですね。もうひとつ、大将とか将軍という名詞でもあるんですよ。

 そして、General Headquarters というとなんですか? と続きます。

 みんなが分からないでいると、ホワイトボードに G H Q と書きます。これで、何人かは 戦後の日本を支配した占領軍総指令部ということが分かります。

 General は総合という意味がありますから、the general affairs department で、会社の「総務部」ということになります。affairs は事務、業務、事情、問題などという意味。

 そして、gene- は生み出す・・・ですから、そのままgene ジーンで遺伝子 ドイツ語ではゲノムですね。genealogy で、家系、血統、血筋、系譜などという意味の名詞になります。

 まだありますよ。generator といえば、発電機とか、蒸気などの発生器です。エネルギーを生み出すのですから・・・。

 先生の解説はとどまるところを知らず、私達がふだん気にせず使っている外来語が、本来の意味ではたくさんの兄弟、家族というつながりがあることを教えてくださいます。

 私もこれに大いに刺激を受け、語源や歴史の勉強に励んだことはいうまでもありません。

 英語は知れば知るほど楽しいものですね。

                  --- Hiro ---


 
[PR]
by with-english | 2007-05-20 21:52 | 英語は楽しい

世界の宗教

 昨日とどいたジャレスさんの「じゃれマガ」です。

I have a quiz about religion (“shuukyou”) for
 you today.
 You have to choose from Christianity
 (“kirisutokyou”), Islam (“isuramu”), and Judaism
 (“yudayakyou”).

 In which religion is eating shellfish forbidden
(“kinjirareru”)?
In which religion is eating pork forbidden?
Which is the fastest-growing religion in the world?
Which religion has the largest number of believers
(“shinja”) in the world?

 宗教についての問題です。魚を食べることを禁じている宗教は?豚を食べることを禁じているのは?どの宗教がもっとも早くできたのですか?どの宗教が信者がもっとも多いでしょうか?

 ということですね。皆さんはお分かりですか?

 魚を食べられないのはユダヤ教。彼らはヒレのある魚しか食べることができません。
豚はユダヤ教とイスラム教が禁じられていて、代わりに牛を食べます。一番早くできたのはユダヤ教で、旧約聖書は人間が神によって作られ、イスラエルの人々が神によって選ばれた人々ということが記されていますが、これはキリスト教もイスラム教も引き継いで信じています。

 この2つの宗教はユダヤ教から派生してできたのですね。
しかし、キリスト教がローマ帝国に受け入れられ、国教とされた頃から圧倒的な信者を獲得でき、世界一の信者数をもっていると言われています。

 なぜ、私が宗教のことをよく知っているかというと、今朝届いた「じゃれマガ」を見たから・・・と人が言っても信じてはいけません。

  ・・・真実は神のみぞ知る・・・     ---Hiro---
[PR]
by with-english | 2007-05-12 09:05 | 英語は楽しい

英語のクイズ 第2問

  
 英語のクイズ 第2問です。 こんども難題です。

  A man leaves hospital and beings to walk home.
On his journey he passes a phone box which
beings to ring.
Instead of answering it he punches the air and
runs all the way home cheering. Why?

これは英文読解のいいモデルにもなる問題ですね。

 一人の男が病院を出て、家に歩いて帰っている。
 彼が電話ボックスの横を通ると、それが鳴った。
 彼は、その電話に出るどころか、飛び上がって喜び駆けだした。 

ナゼ?

  being は ・・・であるとか、・・・にいる状態。human being で人間 (動物に対して)
 journey は旅ではなく、行程の意味でここでは途中という感じ。jour は1日というのが原義
 なので、1日の行程が元の意味。journal は日記とか新聞。

 way home は家に帰る で、way to home とは言いません。 しかし、way to station, や way to school と言ってくださいね。 to をつけないのは here , there , downtown , aoroad(海外へ) shopping(買い物)などの副詞か副詞的用法の場所を表す名詞で、これは自然に決まっているので、覚えるしかないようです。

  × I want to go to abroad.   ○ go abroad (海外へ行く)
  × He went to downtown.   ○went downtown

 いや、説明が長くなってしまいました。

 それで、答えは分かりましたか?

 分かった人はスゴイ!私も分からなかった。

 答え・・・・・彼は耳の治療を受けて聴力が、あの電話ボックスのところで回復したのです!

   あなたは分かりましたか?
[PR]
by with-english | 2007-05-06 21:59 | 英語は楽しい

忘れ物の多い人に朗報!

  天気の良い連休ですね。テレビを見ていると、海に山、そして帰省の旅に忙しいようです。私はのんびり趣味のテニスに出かけたり、世界史の本を読んだり、そしてメールに目をとおしたりして過ごしています。

  今日届いた、メルマガ、ジャレス先生のじゃれマガです。

  Whenever I leave home, I always have to look
for my keys, my cell phone, my glasses and my
wallet.
 Now there is a new gadget (“dougu”) on sale
 for people like me.
  It is called “mitsukarutetto.”
  It comes with 4 holders that you can attach to
your things.
  When you can’t find your keys, you press a button
on the transmitter (“soushinki”) and the holder
beeps (“bi-bi to naru”).
You can hear what you can’t see.

訳してみると、

 私は家を出るとき、いつも鍵と携帯とメガネをさがします。
 今、私のような人のためにある新製品が売られています。
 ミツカルテットというのがそれです。
 それは4つのホルダーがあり、あなたの持ち物をつけることができます。
 もし、あなたの鍵が見つからないとき、送信機のボタンを押すとホルダー
 がビービーとなります。これで見つからないものを探せるのです。


 便利そうですね。私も検索して調べてみました。すると、1個の送信機(携帯くらいの大きさ)と4個の受信機(名刺くらいの大きさ)からできていて、お値段は9000円くらい。

 4個の受信機はキーホルダーとしての機能をもち、鍵などをつけておくことができます。

 それぞれに電池が入っていて、見つからないとき鳴らすと、音で所在を知らせてくれるというわ けです。

 便利というか、無精と思うかは人それぞれですね。
     
                         --- Hiro ---


 
 
[PR]
by with-english | 2007-05-04 13:33 | 英語は楽しい