English、みんなで学べば こわくない!
by with-english
カテゴリ
全体
楽しいスタッフたち
もうじき開校
素晴らしい生徒さん
素敵な先生
楽しいレッスン
English songs
英語は楽しい
ご要望に応えます
休憩時間
日本人がつい言ってしまう英語
英語表現クイズ
前置詞クイズ
英語間違いクイズ
海外留学
サンデー カフェ
Ota method
学校行事
学校案内
レッスンの雰囲気
Sunday cafe
Joke collection
カタカナ英語
Rachel's column
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
今日も元気で
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 49 )

楽しいジョーク

 こんな英語のジョークがあります。

 これも定型のいわゆるパターンジョークですね。


 まずは、ドアをコンコン。

 誰ですか?

 アイです。

 アイってだれ?

 Ai am a table tennis player.


(あー、卓球の愛ちゃんだ!)


 では次です。


①Knock , knock.

Who's there?

Nana.

Nana who?

Nana your business.


②Knock , knock.

Who's there?

Ken.

Ken who?

Ken I come in ?


③Knock , knock.

Who's there?

Ketchup.

Ketchup who?

Ketchup with me if you can.



④Knock , knock.

Who's there?

Astronaut.

Astronaut who?

Astronaut what your country can do for you,

but what you can do for your country.



 ①はNana をNone of にかけて、「あんたの知った

 ことじゃない」とシャレた。

 ②はCan I come in?

 ③はCatch up with me で「私に追いついて」

 ④はケネディが言った「国があなたになにをでき

 るかではなく、あなたが国になにをできるかが

 問われているのだ」から持ってきた。

 Astronaut = Ask not としゃれている。


 
 文章の出だしだけ韻を踏んでいればいいので、

 13万首も集めたり作った人もいるそうです。





=====Hiro============
[PR]
by with-english | 2011-08-15 18:07

ルビ訳

こんにちは、


withスタッフのヒロミです。

私、恥ずかしいことに”ルビ訳”という言葉を


ついこの間まで知りませんでした。


もし、私と同様に知らない人がいたとしたら

この機会に知っておきましょう~(^^)


”ルビ訳”とは、英文の書籍にところどころ日本語訳が書いてあるのです!


いまいち意味がわかりませんね。
たとえば下記のようなかんじです。



the time you mention was before I was born
あなたの言ってる時代は~



上記のように、あらかじめ日本語訳が一部書かれているのです。


。。ということは、いちいち辞書片手に読書する必要がないのです!


これは英文読解力の向上も期待できますし、


何より、面倒くさく無い!!!ということは


無理なく続けられる!!



勉強も快適で楽しくなくっちゃ!ですね(^^)


飽き性な私にも優しい本です。


興味を持った方がいましたら、ぜひ”ルビ訳”で検索してみてください。
d0115695_1116581.jpg





^^^^^^hiromi^^^^^^^^
[PR]
by with-english | 2010-02-27 18:53

レッスンの様子

こんにちは、


暖かい日が続いたと思ったら、突然寒くなったり雨になったりと
不安定な日々続きですね。体調不良にならないように気をつけてください。

さて、withのレッスンではよく笑い声が聞こえます。


それはfree conversationが多いせいかもしれません
ね(^^)
緊張感をまるで感じない、かなりカジュアルな雰囲気です。


よく発音の一部を間違えてしまい、大変ユニークな間違い(意味が全然違って)をしてしまったりしても
それをも笑い話のように、楽しそうにレッスンが進んでいきます。


やはり普段の自分が出せるようなアットホームなレッスンっていいですよね。

(たまには、緊張感も必要ですが。。。。)



先生によっては、先生が個人的に撮ってきた写真をテレビにつないでその映像を使って
レッスンをしたり、先生お手製の教材で勉強したり、時には身の上話で盛り上がりすぎてしまい
一時間過ぎてしまう生徒さんもい少なくありません。


開校以来、ずっと通ってきてくださっている生徒さんによると、

”生徒の満足度はかなり高い”


そうです(^^)


いつまでもそんなスクールでいたいですね。



d0115695_11295687.jpg





--------Hiromi --------------------
[PR]
by with-english | 2010-02-27 18:38

お世話になりました☆

ウィズでオープン当初からお手伝いをしていた受付の鈴木が、6月21日(予定)をもって退職することになりました。

いろいろとお世話になりました。 微力ではありましたが、ウィズで1年間お手伝いができたことを感謝しております☆

何よりも、代表のカトウや個性あふれる先生方、とても親しみのある生徒さんに出会えて、とても嬉しく、これもまた感謝の気持ちでいっぱいです☆

7月からは海外へ留学に行ってきます!不安もあります、もちろん。でもキリがありません(笑)
とにかく自分の決心したことに責任を持って最後まで頑張りたいと思います!

本当にみなさまにはいろいろとお世話になりました。どうもありがとうございました。

これからも和やかな、笑顔の溢れるウィズであることを、私も海を越え、見守っています・・・・・


後任のミヤコさん、後をよろしくお願いします! 生徒のみなさん、ミヤコさんをよろしくお願いします☆




--------------------------SAKI----------------------------
[PR]
by with-english | 2008-06-17 20:53

チャオ☆

ウィズもオープンして1年がたちます!今現在、5ヶ国語を実施していますが、なんと6月から6ヶ国語目のイタリア語が始まります☆

講師のベトロニア・アンカ先生は、日本語も上手で、丁寧に優しく教えてくださいます。 とってもキレイで直視できません(笑)
d0115695_1882510.jpg


実施日は月曜、金曜、土曜日です。 はじめての方でも、まずはモニターのお試しレッスンで受講してみませんか?

お友達やお知り合いの方、どなたでも気軽に足を運んでみてください!電話でも受け付けております。






-----------------SAKI-----------------
[PR]
by with-english | 2008-05-31 20:29

祝オープン1年☆

ウィズも去年6月のオープン以来、約1年が経とうとしています。

おかげさまで、正規会員の生徒さんが各国語合わせ141名となりました。 

代表の加藤やスタッフ一同もとても嬉しいと同時に、さらなる目標を持って力を入れて

頑張っていこうと話していました。

ウィズもだんだんと周りの地域の人たちに知られてくるようになり、また、お友達の紹介

などでも広がってきています。感謝です!どうもありがとうございます!

家族割引やシニア割引、紹介制度などの割引制度がありますので、ぜひぜひ、ご家族

やお年寄りの方、お友達の方も気軽に足を運んでみて、お得な割引制度でお安く受講

してみませんか?

アットホームな雰囲気だけは、どこにも負けません! 

今後ともウィズをよろしくお願いいたします☆


-

--------------------------SAKI-----------------------------




  
[PR]
by with-english | 2008-05-26 14:35

国を知っていくことで理解してゆく言葉☆

今日、ふとフランス語の生徒さんの I さんとこんなお話しをしていました。

日本人はどんな状況でもよく、「がんばる!」 とか 「がんばってね!」という言葉を自分自身や他人によく使いますが、フランス語でも「がんばる」という言葉があるのかなぁ~。

実際フランス語を教えているマルタン先生にきいてみたところ、「がんばる」という言葉はあるそうです。 ただ、フランスではがんばるというと、自分の一生をかけて、必死にがんばれという、重い意味合いになることがあるので、めったにこの言葉は使わないそうです。

韓国語を教えているムン スジン先生にも聞いてみました!

韓国にももちろん、がんばるという言葉はありますが、状況によって使いわけているので、たくさんあるそうです。 たとえば、勉強や運動に関して使う時と、辛くて苦しい思いをしている時に使う言葉と違うそうです。

ちなみに1年滞在していたカンボジアでは「がんばる」という言葉はありません。 生活上、がんばるという意識がなく、そういう状況に置かれていないからです。 

やはり、語学を学ぶならその国の文化や歴史、習慣も知っておく必要があり、そうすることで、ある言葉、ない言葉、どうして状況によって使い分けしなければならないのかという意味が少しでも理解できるのかもしれませんね☆



--------------------------SAKI-------------------------
[PR]
by with-english | 2008-05-17 18:23

休み明け☆

ウィズの春季お休みが4月27日から5月6日までと、とても長~いお休みでした。 

休み明けでもまだなんとなくお休みモードでしたが、なんとか初日が終了!(ふぅ~。)

先生たちにゴールデンウィークはどこかへ出かけましたかと聞くと、温泉や自然に触れた

いと栃木、群馬、東京などふらりと日帰り旅行へ行ったと答えていました。

みなさん、それぞれにお休みを満喫していたようで、何よりですね☆

先生、スタッフ一同、ゆっくり羽をのばし、また今週から頑張っていきます!


みなさんは、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

それぞれの言語で先生と一緒にお休みの日の会話を楽しくはずませてみましょう♪






            ---------------------SAKI-------------------
[PR]
by with-english | 2008-05-09 18:38

模様替え終了☆

生徒さんが入ってきて、第一声! 「あれぇ~??? なんか違う~??」

そうなんです! 今週、やっと教室の模様替えを行いました。  

ウィズの雰囲気がちょっと変わりましたよ☆

スペイン語もいよいよ今月からスタートするということで、今まで4つだったブースが5つに増えました。

受付が、若干狭くなりましたが(笑)、全体がのびのびとした感じになりました☆

クラスも増え、教室は以前にも増して、生徒さんたちの声で賑やかになりました。  いいことですよね! 

でも、賑やかすぎてしまうとダメですよね。。。 


今後もよろしくお願いいたします!




---------------------SAKI------------------------





 
[PR]
by with-english | 2008-04-19 17:47

インタビュー パート7

しばらくブログはお休みしていました。 すみませんでした。。。
今回も先生方のインタビューをご紹介いたします。  今日は木曜日と金曜日に中国語を教えている白数静宜先生です。どうぞ・・・・・


Q1 日本のどんなところが好きですか?

あらゆる公共の場がとても清潔だというところです。 それから礼儀正しく、お仕事や約束事などきちんとしているところです。  

Q2 お休みの日は何をしていますか?

夫と息子の3人でよく出かけたりしています。国内旅行なども好きなので、2,3日お休みがあれば家族でよく旅行に行きます。

Q3 今までに忘れられない思いではありますか?

仕事の達成感を得たときが一番忘れられない思い出です。 なかなか簡単に得られるものではないので、それを感じたときはとても嬉しいです。

Q4 大切なモノは何ですか?

家族(夫と息子)が一番私にとって大切です。

Q5 中国語を教えるにあたって先生なりの教授法とは何ですか?

生徒一人一人の個性を大切にしながら教えています。 つまり、一つ一つのレッスンを相手に合わせながら、親切に心を込めて丁寧に教えることを心がけています。 


中国語を教える経験が長い白数先生は、いろいろと苦労をしてきて今に至っています。プロとしての意識が人一倍強い先生だと感じました。 いつも「ハートが大事よ」と口癖のように言う先生。自分自身と生徒さんとの間は、常に仲よく平和的な空間を保とうとしていて、楽しく笑いの絶えないレッスンをする先生の世界観はとっても広く、深いです。




        -----------------------SAKI------------------------
[PR]
by with-english | 2008-04-11 12:27